WordPress専用サーバー ってなに?

WordPress

レンタルサーバーとWordPress専用サーバーの違いがよくわからないなぁ

どうちがうの? 料金は?

WordPress専用サーバーのメリット、デメリットが知りたいな。

こういった疑問に答える記事です。

私は広告掲載で月17万円の収入実績があり、WordPressを実際に使っています。

本記事では、WordPress専用サーバーのメリット、デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

WordPress専用サーバー ってなに?

WordPress 専用サーバーとはWordPress利用に特化したサーバーです。

それぞれの特徴を以下の表にしめしました。

WordPress専用サーバ共用サーバー
WordPress利用
WordPress複数設置× 1つのみ〇 複数可能
速度超高速高速
容量10GB~20GB程度100GB~200GB程度
月額料金440円~1,000円程度
他のアプリ×
自作スクリプト×

なるほど。使える機能をしぼって、WordPressのみに限定してるってことですね。

WordPress専用にすることでメリットやデメリットはないんでしょうか?

WordPress専用サーバーのメリットとデメリット

レンタルサーバーと比較してWordPress専用サーバーのメリット、デメリットを整理しました。

WordPress専用サーバーのメリット

  • WordPressをすぐ利用可能です。
    (データーベースの設定やWordpressのインストールをしなくてよい。)
  • 超高速です。
    (WordPress専用にチューニングされているためです。
    WordPress仮想マシン「KUSANAGI」が搭載されている会社もあります。)

WordPress専用サーバーのデメリット

  • レンタルサーバーと比較すると、WordPress専用サーバーは容量が低めです。
    (20GB程度となり、レンタルサーバの10分の1です。)
  • 容量が少ないわりに、WordPress専用サーバーの料金は、レンタルサーバーと同等です。
  • レンタルサーバーはWordPressを1契約複数立ち上げることができますが、WordPress専用サーバーは1契約で1つのみしか設置できないです。
  • サービスを終了する会社が散見されます。
    もし、終了したら他のサービスへ引っ越しする必要がでてきます。
    下が過去にサービスを終了した一覧です。
    ・GMO WP Cloud
    ・Sova WP
    ・COREPRESS Cloud by GMO

え? デメリットが多いですね(困惑)だけど、サーバ設定が面倒な人はメリットがありますね

ちなみに、どんな会社がありますか?

WordPress専用サーバー4社比較

WordPress専用サーバー4社、7コースを比較してみました。

運営カゴヤ・ジャパンカゴヤ・ジャパンwpX SpeedwpX SpeedZ.com WPZ.com WPHAYABUSA
会社名KAGOYAKAGOYAXSERVERXSERVERGMOGMOHAYABUSA
コースグレード1グレード2W1W2エントリープランベーシックプランエントリープラン
初期費用0円0円0円0円1,000円1,000円0円
月額料金440円990円1,200円2,400円460円1,240円5,000円
容量20GB40GB200GB300GB10GB30GB10GB
ストレージSSDSSDSSDSSDSSDSSD
転送量200GB/日200GB/日2.5TB/月3.0TB/月15GB/日50GB/日10TB/月
自動バックアップ

月額が一番安く、容量が多い会社は カゴヤ・ジャパン グレード1です。

  初期費用0円 月額 440円  20GB

KAGOYA 月額 440円は安いですね。

だけど、20GBで少なくないですか?

いまどきスマートフォンでも128GBあるんですけど...

ストレージ20GBは少ないか?

20GBで十分です。

なぜなら、アプリケーションをインストールすることができないので、純粋に記事だけの容量を考えればいいからです。

1記事(文章+画像)あたり10MBと多めに仮定しても、約20000MB÷10MBで2000記事は作成可能です。

1日1記事書いたとしても、5年はもちます (^^;

レンタルサーバーとWordPress専用サーバーどっちにしようかな?

途中でWordPress専用サーバーからレンタルサーバーへ引っ越しはできるんですか?

レンタルサーバーへ引っ越しは可能か?

引っ越しは可能です。

WordPress専用サーバーからWordPressデータをエクスポートし、引っ越し先のレンタルサーバーのWordpressへインポートすればOKです。

レンタルサーバーとWordPress専用サーバーどっちがいいか?

用途によって選ぶのがいいです。

WordPress専用サーバー向きの人

  • WordPressのみ使いたい人
  • レンタルサーバーの設定やメンテナンスがめんどくさい
  • すぐにWordPressを使いたい

レンタルサーバー向きの人

  • WordPressを複数立ち上げたい
  • 自作CGIを動かしたい
  • WordPress以外のアプリをインストールして使いたい

レンタルサーバーを詳しく知りたい人は以下が参考になります。

ちなみにマーさんは、どちらを使っていますか?

マー
マー

私はレンタルサーバー使っています。

その理由は、複数のWordPressブログを立ち上げて利用したかったからです。

また、自作CGIでアンテナサイトも運用していました。

まとめ

  • WordPress専用サーバーとはWordPress利用に特化したサーバーです。
  • WordPress専用サーバーのメリット
    ・WordPressをすぐ利用可能
    ・超高速
  • WordPress専用サーバーのデメリット
    ・ストレージの容量が低め
    ・料金は、レンタルサーバーと同等
  • 一番お得な会社は カゴヤ・ジャパン グレード1です。
  • WordPress専用サーバーからレンタルサーバーへ引っ越しは可能
  • ストレージ20GBでも十分です。
  • レンタルサーバーとWordPress専用サーバーどっちがいいかは、あたなの用途しだいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました