WordPressのテーマで無料のものを教えて!

WordPress

Wordperessテーマで無料のものでいいのないかな?

ブログに使うんだけど、有料のものに劣らいな機能がいいな。

もちろん使いやすいもので!

こういった疑問に答える記事です。

私は広告掲載で月17万円の収入実績があり、これから紹介する無料テーマを実際に使っています。

本記事では、おすすめの無料Wordpressテーマを紹介します。

WordPressのテーマで無料のものを教えて!

Cocoonがおすすめです。

無料なのに高機能でとても使いやすいです。

本サイトもCocoonを使っています。

へーそうなんだ。どうしてCocoonを選んだの?

Cocoonを選んだポイントはなに?

Cocoonは以下の機能をみたしているので選びました。

  • PC、スマホ対応(レスポンシブデザイン)
  • SEO内部対策
  • 高速化対応(AMP対応)
  • メタタグ編集
  • 広告コード簡単設置

Cocoon以外ではどんなものがあるの?

Cocoon以外で無料のものはないですか?

無料のテーマは数えきれないくらいありますが、ブログ用途で日本語の説明のあるテーマをピックアップして紹介します。

Xeory Base 「バズ部」

https://xeory.jp/

あの「バズ部」さんが提供しているテーマです。ランディングページも簡単に作成可能です。

Xeory はバズ部の運営ノウハウをもとに完成させたコンテンツマーケティングのためのWordPressテーマです。

どなたでもコンテンツマーケティングを行い、WEB上に良質なコンテンツを数多く生み出して頂けるように無料で提供させて頂いております。

https://xeory.jp/

Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas Theme | SEO最適化、レスポンシブ、高カスタマイズ性、とにかく速い、無料の WordPress テーマ
Luxeritas はSEO最適化済み、レスポンシブデザイン、高カスタマイズ性にも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みを満載した、無料の WordPress テーマです。

Luxeritas WordPress Theme は、SEO 最適化済み、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つ無料の WordPress テーマです。

また、多機能であるにも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みが満載されており、非常に高速に動作します。

https://thk.kanzae.net/wp/

STINGER8

STINGER8 - STINGER史上最高にシンプルなテーマ
原点回帰としてSTINGER史上最高にシンプルなテーマ「STINGER8」を公開しました。 DEMOSTINGER8サンプルページ 前バージョンの「STINGER Plus+」や公開中の「AFFING

「STINGER8」では、可能な限りのファイルや機能を減らし、イチからカスタマイズしていきたい方の為に最低限の構造のみ残した非常にシンプルなテーマとなっています

https://wp-fun.com/post-1343/

無料テーマ比較

無料テーマの機能を比較しました。

○は対応。△はプラグイン導入するかソースに手を入れる必要があります。

CocoonXeoryBaseLuxeritasSTINGER8
SEO
高速
AMP
メタタグ編集
レスポンシブ
広告コード簡単設置

へー。いろいろあるんですね。

どれにしようかな。迷うなぁ。

だけど、無料テーマを選ぶデメリットってないのかなぁ?

無料テーマのデメリットは?

無料には無料なりの理由があります。

  • すべて自力で解決する必要がある。
  • テーマ動作は100%保証されていない。
  • 技術的な不明点はすべて自分で調査する必要がある。
  • 自分が望むデザインにカスタマイズするには、時間がかかる
  • html、cssの基礎知識は持っていたいところ

すぐにでもブログを立ち上げたいので、手間ひまかけるのはイヤだなぁ。

カスタマイズに自信がないし。

なるべく記事作成に時間をかけたいな。

そんなあなたには有料テーマ

無料テーマを使って1か月かけてテーマをカスタマイズする時間はない!

すぐにブログを立ち上げたい!

カスタマイズに自信がない...

という人は、有料テーマがおすすめです。(お金で時間を買うイメージです)

有料テーマは

  • 完成されたデザイン
  • 広告掲載対応
  • マニュアル・サポート充実
  • 実績あり

の特徴があるので、安心ですね。

どんな有料テーマがあるのか教えてー

どんな有料テーマがあるの?

紹介する有料テーマは1万円から2万円程度のものです。

正直なところ、機能的には同じレベルです。

あなたは、どんなイメージのブログにしたいですか?

有料テーマにはデモ画面も公開されていますので、あなたのイメージにマッチしたものを選べばいいでしょう。

賢威

【賢威】

価格:24,800円

賢威は、松尾が代表を務める、京都のWebマーケティングチーム「ウェブライダー」が開発している商品です。

ウェブライダーは、被リンクを「売らない」「買わない」というポリシーの元、徹底した内的SEOとコンテンツプランニングによる外的SEOによって、数多くのサイトを上位表示させています。

【賢威】

THE・THOR(ザ・トール)

THE・THOR(ザ・トール)

価格:14,800円

トールなら煩わしいデザイン設定は不要。

デザインソフトを使用しなくてもプロが仕上げたようなサイトが手に入ります。

THE・THOR(ザ・トール)

Diver

Diver

価格:17,980円

Diverは、初心者でも簡単に利用することが可能な高品質高機能なハイスペックワードプレステーマです。

Diver

STORK19

STORK19

価格:11,000円

これまでに20,000人以上のユーザーに使われたWordPressテーマ”STORK”の最新バージョン「STORK19」です。

ストークにしかない洗練されたデザインはそのままに、機能追加や表示スピードの改善を行っています。

STORK19

AFFINER5

AFFINER5

価格:14,800円

見やすく、伝わるデザイン。「カワイイ」から「信頼感」溢れるサイトまで。

変幻自在の万能テーマ

AFFINER5

SANGO

SANGO

価格:11,000円

心地よいWordPressテーマ。

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマです。

SANGO

JIN

JIN

価格:14,800円

読む人も、書く人も すべてを考え抜いたデザイン。

真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』

JIN

有料テーマ価格比較

有料テーマの価格を比較してみました。

テーマ名価格おすすめ
賢威24,800円
THE・THOR(ザ・トール)14,800円
Diver17,980円
STORK1911,000円
AFFINER514,800円
SANGO11,000円
JIN14,800円

有料テーマでおすすめは、THE・THOR(ザ・トール)Diverあたり。

まとめ

  • 無料テーマのおすすめはCocoon
  • 無料テーマのデメリットは自力で技術的課題を解決する必要あり。
  • 記事作成に注力したい人は有料テーマも視野にいれたほうがいい。
  • 有料テーマでおすすめは、THE・THOR(ザ・トール)Diverあたり。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました