【Cocoon】定型文の使い方【Gutenberg】

WordPress

記事の冒頭に自己紹介文を入れているのですが、毎回入力するのが面倒です。

修正する時もすべての記事を修正するのも面倒。

なにか良い方法はないかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事を読めば以下を知ることができ、今後のブログ運用が楽になります。

  • 定型文のメリット
  • Cocoon定型文の作り方
  • Cocoon定型文の挿入方法
  • Gutenberg再利用ブロックの作り方
  • Gutenberg再利用ブロックの挿入方法


マー
マー

管理人のマーです。

本業はITエンジニアで、月150万PV、月17万円、総収入600万円のブログを運営しています。

今回は上記の悩みを解決できる記事を書きました。

定型文のメリット

定型文を使うと以下がいっきに解決です。



 同じような文章を記事を書くたびに入力するのが面倒

定型文を登録しておくと、ショートコード一発で呼び出せる。


 全記事を修正するのが面倒

定型文1か所を修正するだけで、すべてが修正される。


なかなかいいですね。



Cocoonの定型文を使う方法(文章のみ再利用)


定型文の作り方

  • 1)
    WordPress管理画面にログインする。

  • 2)
    「Cocoon>テンプレート」メニュー選択
  • 3)
    「テキストテンプレート」画面が表示されるので「新規追加」をクリックする。
  • 4)
    「タイトル」と「内容」を入力し、「保存」をクリックする。
  • 5)
    「テキストを新規作成しました。」と表示されるので「一覧ページへ」をクリックする。
  • 6)
    追加した定型文が表示されていればOKです。

    この定型文を呼び出すには

    これはCocoon定型文の例です。

    を使います。



定型文の挿入方法

  • 1)
    記事作成でショートコード

    これはCocoon定型文の例です。

    をコピペします。

  • 2)
    プレビューして定型文が入っていれば完成です。


できました!簡単ですね。


Gutenbergの再利用ブロックを使う方法

Cocoon定型文では文章だけでしたが、Gutenbergの再利用ブロックを使うとブロックごと流用できます。

吹き出しを再利用ブロックにする例です。

  • 1)
    記事作成の中で吹き出しを作成します。

  • 2)
    ブロックの「再利用ブロックに追加」をクリックする。

  • 3)
    引き続き「再利用ブロックを管理」をクリックする。

  • 4)
    再利用ブロック一覧が表示されるので、「編集」をクリックする。
  • 5)
    タイトルを修正し、「更新」をクリックする。

  • 6)
    タイトルが変更されていればOK。



再利用ブロックの挿入方法

  • 1)
    記事作成で「+」アイコンをクリックする

  • 2)
    ブロック検索が表示されるので、”再利用”と入力すると、先ほど登録した「再利用ブロック例(吹き出し)」が表示されるのでクリックする。

  • 3)
    再利用ブロックが挿入されれば完成です。



まとめ


  • 定型文を登録しておくと、ショートコード一発で呼び出せる。
  • 定型文1か所を修正するだけで、すべてが修正される。
  • 文章の流用ならCocoon定型文を使用
  • ブロックの流用なら再利用ブロックを使用


以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました